Twitterカードを作成してみる

2016年9月6日  WordPress  ,

TwitterCard
SNSで宣伝もしないとね。
 

Twitterのアカウントも取ったことだし、有効活用しなければということで、
今回は、プラグインを使わずにTwitterカードを作成してみたいと思います。
 
 

まずはこのページに飛んでみる。
 

「Twitterカード」
https://dev.twitter.com/ja/cards/overview 
 
 

ちょっとスクロールすると、
「ツイートからのエンゲージメントの促進」という項目が見つかるので、表示させたいカードの種類をクリック。
私は今回「
大きな画像付きのSummaryカード 」を選んでみました。
 

クリックして、ちょっとスクロールすると、サンプルコードが目に入ると思います。
 


<meta name="twitter:card" content="summary_large_image">
<meta name="twitter:site" content="@nytimes">
<meta name="twitter:creator" content="@SarahMaslinNir">
<meta name="twitter:title" content="Parade of Fans for Houston’s Funeral">
<meta name="twitter:description" content="NEWARK - The guest list and parade of limousines with celebrities emerging from them seemed more suited to a red carpet event in Hollywood or New York than than a gritty stretch of Sussex Avenue near the former site of the James M. Baxter Terrace public housing project here.">
<meta name="twitter:image:src" content="http://graphics8.nytimes.com/images/2012/02/19/us/19whitney-span/19whitney-span-articleLarge.jpg">

※これはサンプルコードです。
これをご自身のWordpressのテーマ(header.php)に書き換えます。
<head>〜</head>内に入れて下さい。
 
 

header.phpに書き換える

私のサイトで書くとこんな感じ。
Code
上から5段目のdescriptionは、直訳すると「説明」という意味です。
文章は、WordPressのメニュー/設定/一般設定のページにある「キャッチフレーズ」が表示されます。
※自分で直接入力(日本語)してもOKです!
 

6段目はサイトのURLですが、サンプルコードになかったので念のため付け足しました。
 

最後のURLは、カードに表示させる画像です。あまり小さいとボヤけてしまうので、注意。
 
 

カードの申請

タグを入力し終わったら、下記のページにて申請します。
 

Card validator
https://cards-dev.twitter.com/validator 
 
 

sinsei
「Card URL」にサイトのアドレスを入力し、「Preview card」をクリックして下さい。
右側に、Twitterではこんな風に表示されますよと見本が出てきます。
 

※独自ドメインの場合、すぐに表示されません。
エラーが出たら、少し時間を空けて再び行って下さい。
 
 

ツイートしてみる

testtweet
見本が表示されたら、Twitterで表示してみましょう。
上記で申請したURLをツイートして下さい。
 
 

deta!
出た!
 
 
以上で終了です。

  

*ランキングに参加中です。宜しくお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング ブログ王ランキング   
pipipi
421