WordPress サーバーに移行する時の注意点(ロリポップ)

2016年8月31日  WordPress 

henkan2
さて、前回のぐだぐだな経験から、この記事が生まれるわけですが、ローカル環境からレンタルサーバー(本番)へと移行する時に、なるほど、これをやれば良かったのか〜と思ったことを記事にまとめたいと思います。
 
ローカル環境からレンタルサーバーへの移行は、ロリポップ様でもご説明があるので、こちらは割愛させて頂きます。
 
 

ローカル環境からレンタルサーバーへの移行・注意点

一通り作業が終了しましたら、レンタルサーバーの「データーベース」を開いて下さい。
tyokuhen
※クリックすると拡大されます。
「◯◯◯_options」をクリックします。
 
 

tyokuhen3
「編集」をクリックし、それぞれのアドレスを、本番用のアドレスに変更します。
 
 

え〜それだけだったのかよ!?おっかしーなー以前はそんなのやった覚えないんだけど???
…と思ったのですが、どうやら私は別の方法でクリアしていたようです。
 
 

別の方法

しつこいまでにググってみたら、このサイトに見覚えがありました。
henkan1
こちらは変換代行ファイル(とでも言いましょうか…)を提供しているサイト様。
 
 

Interconnect/IT様
https://interconnectit.com/products/search-and-replace-for-wordpress-databases/ 
 
 

少し下をスクロールすると
henkan2
新しい方は当時もやらなかったので、古いバージョンで今回もやってみました。
 
 

ダウンロードしたら解凍して「searchreplacedb2.php」というファイルを、ご自身のサーバーにアップロードします。
「http://ご自身のサイトURL/searchreplacedb2.php」で開きます。
henkan3
この画面が出るかと思いますので、「Submit」をクリックして下さい。
 
 

henkan4
ご自身のデーターベースの情報が自動的に表示されますので、間違いがないかを確認して「Submit DB details」をクリック。
 
 

henkan5
データーベースのテーブルが表示されます。
(これについては、先にレンタル先のデーターベースにインポートした状態で行っております)
間違いが無ければ、「Continue」をクリック。
 
 

henkan6
確認画面が出ますので、「OK」をクリック。
 
 

henkan7
変更前と変更後のURLを入力します。
その際に、URLの末尾に「/」を入れないで下さい。
入力し終わったら、下の「Submit Search string」をクリック。
 
 

「Complete」の文字が出たら終了です。
 
 

終了したら、アップロードした「searchreplacedb2.php」ファイルは削除しておきましょう。忘れないように!

  

*ランキングに参加中です。宜しくお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング ブログ王ランキング   
pipipi
625